ドキュメントチェック

開発ドキュメントやテスト仕様書の記載足りていますか?

サービス開発時に作成される仕様書、試験項目書などの各種資料にてテスト実施を仮定し、

ドキュメントをチェックし仕様の誤りや観点漏れを洗い出しを行います。

こんな課題をお持ちの方におすすめ!

テストの観点の漏れが
ないか心配
仕様書で要件定義漏れが
あるかもしれない
テスト実施時のテストチーム への
質問対応工数がとれない

ProVisionのドキュメントチェックサービスとは?

テスト実施を仮定してドキュメントをチェックすることで、仕様の誤りや不明点をテスト実施前に洗い出しを行います。

従来のテスト実施では開発チーム側がテストチームに対してコメントバック(質問に対する回答)が必要になりますが、

本サービスではテストドキュメントのチェックのみとなるため、上記の開発チームの対応工数が不要(コメントバック不要)で

サービスのバグや不明点を顕在することができます!

ドキュメントチェックの大まかな流れ

ドキュメント

お客様よりドキュメントを

お送りいただきます

チェック

弊社にてドキュメントをチェックし、

結果をお送りいたします

チェック結果

お客様にチェック結果を

ご確認いただきます

ドキュメントチェックの特徴・効果

ドキュメントチェックは、
様々なプロジェクト課題を解決できます

手戻り作業の抑止

手戻り作業の抑止

検討漏れ項目を早い段階で発見することで、後半での仕様検討/検討漏れによる不具合を削減し、開発後半からの手戻りを抑止する。

リリース遅延リスクの軽減

リリース遅延リスクの軽減

早い段階でチェックを行うことで、プロジェクト終盤での仕様漏れを防ぎスケジュール遅延を防止する。

サービス全体の品質向上

サービス全体の品質向上

ユーザーを考慮したチェックによるサービス動作の向上。スケジュール後半ではなく、早い段階で見つけ、盛り込むことでサービス全体の品質をあげる。